学会終了の挨拶

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2017年9月23日(土・祝)~9月24日(日)、会場は愛媛大学医学部重信キャンパスで、「分野横断的組織細胞化学の進歩」をテーマとして第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会を愛媛大学病理学系講座(分子病理学、解析病理学)および附属病院病理診断科で開催させていただきました。シンポジウム・ワークショップ、一般口頭発表、ポスター発表、Student Posterへの発表を頂き有り難うございました。
 これまでの57回に及ぶ総会・学術集会の歴史の中で、愛媛県での開催は初めてで、しかも会場となる愛媛大学医学部は東温市志津川重信にあり、愛媛県の中心からは少し離れたところにありましたが、多くの先生方の御参加を頂き有り難うございました。幅広い分野に共通した研究手法として確立してきた組織細胞化学について、最新のトピックスを中心に情報交換の場として活発な意見交換を頂き感謝申し上げます。とくに、最終日のシンポジウムでは、生殖器の発生から疾患まで幅広い領域の、学会員以外の先生方を含めまして極めて有意義なご発表を頂き感謝申し上げます。最後まで学会に参加し、活発な御討論を頂きまして有り難うございました。

愛媛大学大学院医学系研究科 分子病理学講座 教授
北澤荘平


 

ページ上部へページ上部へ